アメリカ駐在員がオランダ駐妻になったら

こんにちは。アラフォー2児の母です。第1子出産後、単身でアメリカ駐在を経験しました。第2子出産後、夫の赴任に伴い現在オランダにて駐妻しております。

駐妻、子供の学校を選択する難しさ

こんにちは。私の息子は現在、日本人幼稚園に通っております。

 

オランダ駐在が決まって真っ先に考えたのが、「息子をインターナショナルスクールに行かせ、英語を身につけることが出来る!」でした。

 

ところが、インターナショナルスクールの学費が無茶苦茶、高いのです。いくらかの投資は覚悟していたのですが、なんと平均年間150〜200万円。夫の会社からの補助一部はあるものの、さすがに幼稚園児にそこまで投資する覚悟も、お金もなく断念しました。ちなみにベルギーにお子さんがいる駐在員の方と話したところ上記はまだ安い方と言われました…

 

それでも息子に異文化経験をして欲しいと諦めきれず調べていると、上記の半額のインターを発見!会社からの補助を計算し、ここなら我が家でも負担出来るといざ申し込みに。

 

しかし、みなさん考えることは一緒です。なんとかなりの待機児童が。。。申込時に、数ヶ月〜数年かかる可能性があると言われたものの、200ユーロと共に各種書類を提出。

 

こちらに来て半年、駐在が2年の予定の為任期中には順番がまわってこないかもと思うようになると共に、日本人幼稚園に親子共々慣れ、このまま大好きな、お友達や先生方と貴重な時間を過ごすのも良いなと思い始めておりました。

 

そんな中、転機がいきなり訪れました。

 

この9月から通えるとの通知。あれほど行かせたかったインターですが、せっかく慣れた子供の環境をまた変えてしまうことに対し、夫も反対したので正直悩みました。

 

すごく悩みましたが、オランダ生活残り1年半、今ここで行かないと選択したらのちに絶対後悔すると思ったので、本人とも話し合い、チャレンジする事を決めました。

 

子供の教育に対しては色んな考え方があり、これが「正解」と言うものは無いと思ってます。だからこそ、すごく悩みます。

 

まずは新たな環境に息子が馴染める様に精一杯、応援したいと思っています。

 

玄関先での車上荒らし in オランダ

こんにちは。先日玄関先に留めていた車が車上荒らしにあいました。

 

我が家の前には、街頭の明かりで夜も比較的明るく、センサーで玄関先のライトも付くのですが、泥棒の気配に家族誰ひとり、全く気がつかなかったです。

 

車上荒らしにあった原因は、車の鍵をかけ忘れたことにあります。自業自得です。。。ありがたかったのは被害が最小限で済んだことです。窓も割られず、車に貴重品を置いていなかったので盗まれたものはコールハーンのサングラスとスーパーのカートを借りるのにいつも使用していた50セントのみ。

 

泥棒も外れだと思ったでしょう。

 

でもサングラスと50セントわざわざ盗んだのには逆にびっくりしました。常習犯で、毎晩鍵をかけ忘れた車を探しているのでしょうか。。。

 

オランダはのんびりしていて、優しい方が多い国ですが、車上荒らしや空き巣はかなりの確率で多くの方が経験されていたのを聞いておりました。 それでもまさか自分で経験するとは思っていなかったです。

 

やはりここは海外ですので、慣れて来たからと気を抜かずに安全第一で気を引き締めようと学びました。

 

みなさんも鍵のかけ忘れにはお気を付けください。

 

最近のブログアクセス数について

こんにちは。最近アクセス数が伸び出しておりとても嬉しく思います。

 

一般的にはまだまだ低い気がしますが、つい2週間前まで290PVだったのが、本日時点で約2倍の561PVに!!

 

でもこの2週間で書いた新しい記事は2つのみ。アクセス数が高い記事から推測すると過去の記事が徐々に評価されているのだと推測します。

 

と言っても、正直詳細の理由は分かりません。。。

 

恐らく今までの記事が徐々に読まれ始めていると解釈し、今後とも気を引き締めて、自分らしい記事を書いて行きたいと思います。

 

あと、そろそろ(ちなみにブログ開始4ヶ月目です)グーグルアナリティクスのアカウントを作ってみようかなーと考えております。

 

1日遅れましたが昨日は七夕でしたね

こんにちは。昨日は七夕でしたね。みなさんはどんな願いごとを書きましたでしょうか。我が家は家族それそれがたくさん願いごとを書きました。(一番下の子のは、私が彼が思っているであろう願いごとを書きました)

 

長男にいたっては、通園する日本人幼稚園で浴衣や甚平を来て、七夕を満喫したようです。

 

七夕は昔から私が好きな行事の1つなので、こうやって子供達が海外でも楽しんでくれる事はとても嬉しく思います。

 

1日遅れましたが、どうかみなさんの願いごとが叶いますよう🎋

 

オランダの美容院にはじめて行って感じた5つのこと

こんにちは。先日オランダ人が経営する美容院に行って髪を切ってもらったので、今日はそのとき感じた日本との違いについてまとめたいと思います。

 

私は幼少時代と社会人になってからアメリカの西海岸に住んだことがあるのですが、当時は日系の方が経営する美容院に行ってました。相場は4年前でチップを入れて45ドルくらい(5000円弱)でした。

 

オランダでも日本人の方が経営するカットにこれまで通っていたのですが、カットが53ユーロ(6890円/1ユーロ130円換算)プラス交通費でなかなかのお値段だった為、今回思い切って近所の美容院に行ってみる事にしてみました。

 

海外ではじめて現地の美容院に行ってみて感じた日本との違いが下記です。

 

1.ショートはハサミでは無くカッターの様なもので髪を切る

私はショートなのですが、ほとんどカッターのようなもので髪を切られました。ハサミをあまり使わなかったのは意外でした。

 

2.シャンプーの際に顔にタオルは置かない

日本形式に慣れている私は、美容師さんと目が合うと気恥ずかしくのでシャンプー、リンス中は目を閉じてました。

 

3.結構髪が濡れたままカットする

シャンプー後はサラッとだけタオルで拭き、結構濡れた状態でカットされました。理由はこの方が切りやすいとのことでした。濡れているからと言って、特に気にはならなかったです。

 

4.予約は受け付けてない

これはこのお店特有かも知れないのですが予約は受け付けず、先着順でした。朝9時半に行って、カットと毛染め中の方が2名、順番待ちの方が3名おり、結局1時間待つ事になりました。

 

5.同時進行はしない

カット台は5席、美容師は2人で、おひとりはカット、もう1人の方は毛染め対応をされてました。結構混んでいたので、毛染め担当の方は、染まるのを待つ間に、次のお客さんの対応を開始しても良いのになーと個人的には感じてしまいました。

 

以上が私が感じたギャップです。

 

上記の#4と5の様に若干オペレーションの悪さを感じたものの、お値段は27.5ユーロ(3575円/1ユーロ130円換算)とても安かったです。更に仕上がりも大満足でした!

 

恐らく来月からこちらにお世話になる予定ですのでまた新たな発見があればお伝えしたいと思います。

ブログを書き始めて3ヶ月経って思うこと

こんにちは。ブログを開始して3ヶ月が経ったので、これまでに感じたことをまとめたいと思います。

 

•キャンペーン記事をきっかけに一気にアクセス数アップ

ブログを始めて、1ヶ月経った際に下記の記事を書きました。

digitalmarket.hatenablog.com

その際はアクセス数は恥ずかしながら、11PVでした。そこからブログ名を変更し、かつはてなブログが主催するキャンペーンに応募しました。

digitalmarket.hatenablog.com

 この「私の転機」の記事をきっかけに、現時点のトータルアクセス数は290PV迄に!一般的にはまだ低いのかも知れません。でも私にとっては嬉しく、とても有り難いことです。 初心者の方には是非、キャンペーンブログへの投稿をお勧めします。

 

•読者数が伸び悩む

アクセス数が増える一方で、読者登録数が伸び悩んでいます。現在ありがたいことに2名の方にご登録頂いてます。お2人とも素敵なママさんです。

ブログを開始した当初、読んだいくつかの本にペルソナを作る大切さが書かれてました。私の大まかなターゲットペルソナは、30-40代のママさんで、海外に興味のある方です。お2人は自分の描いてたペルソナにピッタリ合っていた方だったのでとても嬉しく思いました。

これからも読者数が増えるように頑張りたいと思います。

 

•やっぱりアクセス数は一気に伸びない

改めて地道な努力が必要だなーと感じてます。「一気に伸びない」と分かっていてもついつい毎日チェックしてしまうアクセス数。これからも自分の視点を磨きながら、共感できる記事を書けるようにこつこつ取り組みたいと思っています。

 

以上が簡単ですが3ヶ月ブログを続けて感じたことです。引き続き頑張りますのでよろしくお願いします。

 

私がチョコミントを好きな理由

今週のお題「チョコミント

こんにちは。みなさんはチョコミント好きですか?賛否が分かれるこの味覚ですが、私は好きです!

 

なぜかというと基本的に甘いものが得意ではなく、スッキリするミント系のお菓子(といってもガムやフリスクなどです)が好きだからというのが一番の理由です。

 

また幼少時にアメリカに住んでいた影響も大きいと思います。アメリカではミントチョコ味はアイスのみならず、チョコレートも販売されてます。スーパーなどでよく売っており、子供の頃に慣れ親しんだため、大人になった今でも違和感を感じないです。

 

ミントチョコ味のお菓子で、一番美味しいのはやはりアイスだと思います。スーッと爽やかで冷たいアイスの中にまんべんなく混ざったチョコのサクサク感がアクセントとなり、たまりません。

 

チョコミント味は食べれば食べるほど、癖になる味覚だと個人的には思います。一度チャレンジしてダメだった方は、この夏3回ほどアイスを食べてみては如何でしょうか?