アメリカ駐在員がオランダ駐妻になったら

こんにちは。アラフォー2児の母です。第1子出産後、単身でアメリカ駐在を経験しました。第2子出産後、夫の赴任に伴い現在オランダにて駐妻しております。

女性の海外単身赴任で学んだ3つの大切なこと

こんにちは。私は息子が1歳9ヶ月の時にアメリカに単身赴任をしました。

 

なぜそれが実現したかは以前の記事をご覧ください。 

digitalmarket.hatenablog.com

 

 

今回は単身赴任で学んだ大切な事をまとめて見たいと思います。海外で活躍したいと考えている女性の方々のご参考になれば光栄です。

 

1.言い訳をしない人生を送れる

 私のブログに興味を持って下さる方は少なくとも海外に興味を持っていらっしゃる方だと思います。最近は男女平等の社会が実現しつつありますが、それでも女性は、結婚、出産、育児の転機で、キャリアのハンディを抱えることになります。例えば時間の制限や、昇格の制限などです。

 

結婚も出産も子育ても素晴らしい経験ですが、自分がキャリアの面で納得していない段階でこれらの転機を迎えてしまった場合、「結婚したから、、、、子供を産んだから、、、、自分のしたい事が出来なかった」と言い訳をしがちになります。

 

私は第一子を出産後、今後のキャリアに不安を感じている時に、FBのCOOのシェリサンドバーグさんのLean Inを読みました。もの凄く感銘を受けて、それ以来「子供がいるから」という言い訳を出来るだけしない様に心掛けるようになりました。

 

そして、本人もびっくりですが、第一子出産後に自分の夢だった海外赴任を実現出来ました。

 

夢だった海外駐在が出来た結果、仕事と子育てのバランスをどう取るべきかという自分の軸が確立出来ました。今考えるともしあの時単身赴任をしていなかったら、キャリアを諦めきれず、現在の夫のオランダ駐在に同行していなかったかも知れません。

 

単身赴任を通じて、自分の確立した価値観から「後悔しない人生」を送る決意が更に固まった気がします。

  

 2.キャリアをリセット出来る

海外に行く事で私の場合がそうであったように、赴任後の仕事内容も一新しますし、帰国後も新たな部署や職種に付くことが出来ます。日本にいるとジョブローテーションが行われずに、固定しがちです。自ら手を挙げて、色んな経験を掴みに行ってください。

20代、30代、40代の節目で海外に赴任すると俯瞰的に自分のキャリアを見直すキッカケになり、なお良いと個人的には思います。

 

3.家族の大切さを改めて実感出来る

 海外に行くと、売上や業績などを作り上げる張本人になる為、直接責任やプレッシャーがのしかかります。

 

勿論はじめは、うまく行く事ばかりでは無いです。悩んだり、落ち込んだ時に、よりどころとなる家族の存在はとてつもなく大きいです。私は週1回の週末スカイプで、家族と他愛もない話しをし、気持ちを切り替えてました。

 

家族に対する感謝の念や、家族を大切にしたいと言う気持ちは赴任後の方が強くなりました。

 

以上が、私が単身赴任を通じて学んだ大切な3つの事です。

 

最後に、海外赴任は良い事ばかりではなく大変ですが、その分得るものも大きいです。また会社以外では基本的にはひとりの時間が増えるので、自分と向き合うことになります。今後どうしたいか。社会人として、母として、妻としてどうバランスをとって行くべきかなどを私はよく考えました。