アメリカ駐在員がオランダ駐妻になったら

こんにちは。アラフォー2児の母です。第1子出産後、単身でアメリカ駐在を経験しました。第2子出産後、夫の赴任に伴い現在オランダにて駐妻しております。

オランダの美容院にはじめて行って感じた5つのこと

こんにちは。先日オランダ人が経営する美容院に行って髪を切ってもらったので、今日はそのとき感じた日本との違いについてまとめたいと思います。

 

私は幼少時代と社会人になってからアメリカの西海岸に住んだことがあるのですが、両方とも日系の方が経営する美容院に行ってました。相場は4年前でチップを入れて45ドルくらい(5000円弱)でした。

 

オランダでも日本人の方が経営するカットにこれまで通っていたのですが、カットが53ユーロ(6890円/1ユーロ130円換算)プラス交通費でなかなかのお値段だった為、今回思い切って近所の美容院に行ってみる事にしてみました。

 

海外ではじめて現地の美容院に行ってみて感じた日本との違いが下記です。

 

1.ショートはハサミでは無くカッターの様なもので髪を切る

私はショートなのですが、ほとんどカッターのようなもので髪を切られました。ハサミをあまり使わなかったのは意外でした。

 

2.シャンプーの際に顔にタオルは置かない

日本形式に慣れている私は、美容師さんと目が合うと気恥ずかしいのでシャンプーおよびリンス中は目を閉じてました。

 

3.かなり髪が濡れた状態でカットする

シャンプー後はサラッとだけタオルで拭き、結構濡れた状態でカットされました。理由はこの方が切りやすいとのことでした。濡れているからと言って、特に気にはならなかったです。

 

4.予約は受け付けてない

これはこのお店特有かも知れないのですが予約は受け付けず、先着順でした。朝9時半に行って、カットと毛染め中の方が2名、順番待ちの方が3名おり、結局1時間待つ事になりました。

 

5.同時進行はしない

カット台は5席、美容師は2人で、おひとりはカット、もう1人の方は毛染め対応をされてました。結構混んでいたので、毛染め担当の方は、染まるのを待つ間に、次のお客さんの対応を開始しても良いのになーと個人的には感じてしまいました。

 

以上が私が感じたギャップです。

 

上記の#4と5の様に若干オペレーションの悪さを感じたものの、お値段は27.5ユーロ(3575円/1ユーロ130円換算)で、とても安かったです。更に仕上がりも大満足でした!

 

恐らく来月からこちらにお世話になる予定ですのでまた新たな発見があればお伝えしたいと思います。