アメリカ駐在員がオランダ駐妻になったら

こんにちは。アラフォー2児の母です。第1子出産後、単身でアメリカ駐在を経験しました。第2子出産後、夫の赴任に伴い現在オランダにて駐妻しております。

駐妻に向いている女性の6つの特徴

こんにちは。夏がそろそろ終わろうとしているオランダです。こちらにきて8ヶ月、沢山のママさんを見ている中で私が感じた、駐妻に向いている女性の特徴についてまとめてみました。

 

1.自立している

頼りの旦那さんは、仕事や出張で不在な時が多いです。その為、家庭を守る主(あるじ)は、他でもない駐妻の役割となります。

子供が熱を出した時、怪我をした等、いざという時に一人で問題を解決しないと行けない場面が多々あります。もちろん周りの方も助けてくださいますが、毎回と言う訳には行かないので、自己解決能力が高い女性は海外生活に向いていると思います。

 

2.趣味を持っている

趣味を持っていると出会いのキッカケが増えますし、ストレスを発散出来ます。

お花、お料理、スポーツ、語学等、子供以外で自分の趣味を持っている駐妻さんはとてもイキイキしています。

またサークルに属すのが苦手な方でも、美術館巡り、ジム通い、個人の語学レッスン、読書等、一人でもはじめれる趣味はたくさんあります。何かに没頭できる時間が大切です。

 

3.自分が心地良い範囲でママ友付き合いが出来る

子供のこともあり、私もはじめは全員に嫌われないようにと、出来るだけ色んなお誘いに参加しておりましたが、途中で自分にはそれが不向きだと気づき、適度な距離感でママ友さんと付き合うことにしました。興味があれば参加し、興味がなかったり、自分があまり乗り気じゃない時は辞退する様に。

 

ただ心掛けたのは、気が合うと思ったママ友さんにはお茶に誘ったり、子連れで遊んだりと、自分から積極的に声を掛けて、関係を築くようにしました。

 

自らの経験上、ママ友は必要ですし、信頼できるママ友がいるととても心強いです。ただ変に気を使ったり、疲れてしまっては意味がありません。自分が心地良いと思える人間関係を築くことをお勧めします。

 

4.好奇心が旺盛

同じタイミングで赴任しても、好奇心の旺盛な友人は色んな情報を知っており感心させられます。お得なスーパー、美味しいレストラン、楽しい子供の遊び場等。みんなが通常知らないところを、友人に聞いたり、自ら見つけたり。海外生活を満喫されてます。

 

5.語学や運転に抵抗がない

これはあくまで、きっかけにすぎないですが、語学や運転に抵抗がない方は、海外生活をスムーズにスタート出来ていると感じます。

やはり車に乗れなかったり、語学に抵抗があると外出するのが億劫になりがちですので。

 

6.素直な性格

ゴミの出し方、美味しいお店やスーパー、習い事情報等、はじめは分からない事だらけなので、周囲に色々教えてもらわないといけません。ここで頼りになるのが、やはりママ友ネットワークです。

誰しもが初めに大変苦労するので、自分が苦労した分、新しく赴任された方には基本的に色々教えてあげようと思っているのが駐妻の素晴らしいところです!

その中でも素直な方には、あれもこれもと自分が知りうるすべての情報を教えたくなります。また助けてくれる人も増えます。

変なプライドを捨て知ってるふりをせずに、素直な気持ちで色々教わることがとても大切です。

 

以上が私が感じた駐妻に向いている女性の性格です。あくまで個人の意見ですが参考になればと思います。