アメリカ駐在員がオランダ駐妻になったら

こんにちは。アラフォー2児の母です。第1子出産後、単身でアメリカ駐在を経験しました。第2子出産後、夫の赴任に伴い現在オランダにて駐妻しております。

息子のインター 新学期がスタート

こんにちは。長い夏休みが開け、今朝から6歳の息子がインターナショナルスクールに通い始めました。お弁当や準備の為、私も緊張と共に6時起き。

 

7時に息子たちを起こし、1歳の次男を引き連れ、いよいよ8時の出発。

 

学校はアムステルダムの方にあり、市内は自転車や車の交通量が多く、パーキングも基本縦列駐車なので、冷や汗ものです。

 

前日まで特に変わった様子を見せなかった息子ですが、車内で「うわー、ついにはじまるのかぁ」とつぶやいてました。

 

やや早かったですが、8時30分に無事到着。ひとまず無事着けて、ほっとしました。

 

今回息子が通うインターは、新校舎ということもあり、全員が新しいメンバーです。息子のクラスは全員で10名。インド人が6名、アメリカ人1名、中国人1名、日本人2名でした。担任の先生はスコットランド出身で、とっても明るい女性の方でした。グローバルな環境かつ、英語が喋れない息子にとっては少人数でのスタートで本当にありがたかったです。

 

そうこうしていると、インド人の一人のお父さんが、「賛同いただければクラスの親たちのグループライン(こちらではWhatsAppというアプリ)を作ります」と言ってくださり、感謝です。中国人のお父さんは「自分の息子は英語が喋れないから、是非宜しく頼みます」と会う先生方全員にお願いしてました。

 

こういうところでも、やはりインド人や中国人は積極的やなーと、ついつい感心。

 

我が息子は日本人のお友達と一緒に座りながらもド緊張。私が教室を出ようとすると心細そうにしながらも、バイバイと手を振る余裕は残ってました。

 

あと数時間でお迎えの時間です。(運転怖いなぁ〜)

 

新生活、親子共々頑張りたいと思います。

f:id:digitalmarket:20180910200627j:image